打掛とは?買取相場や買取方法・高く売るコツをご紹介!

着物の売り方

打掛とは?買取相場や買取方法・高く売るコツをご紹介!

投稿日:

結婚式や前撮りで人気を集める和装。

ウエディングドレスも素敵ですが、牡丹や鶴など着物の色柄で個性を出せるのは、和装ならではの魅力ですよね。

打掛(うちかけ)は、和装の上から羽織る丈の長い婚礼衣装。

結婚式や披露宴など人生で1度しか着る機会がないため、挙式から数年後は思い出として保管し、その後買取を考える方が多いようです。

そこで今回は・・・

  • 打掛の種類
  • 白打掛と色打掛の違い
  • 打掛の買取相場
  • 打掛の売却先

など、打掛に関する情報や、着なくなった打掛を高く売るコツについてまとめました。

きもの講師ともこ
打掛に施されている柄や色の意味なども合わせて解説します!

打掛とは?歴史や特徴をご紹介!

打掛とは?歴史や特徴をご紹介!

打掛は、結婚式で花嫁が着る着物です。1枚で着ることはなく、中に着物を着用し、上から打掛を羽織るような形で着用します。

裾の部分が長く、裾を掻い取って歩く様子から、別名「掻取(かいどり)」と呼ばれることも。

もともと室町時代に武家の婦人が、肌寒い春から秋にかけて着物の上から小袖を羽織ったことから「打掛」と呼ばれ、その後上級女官や公家の女性へと広がっていきました。

打掛は、古くから身分の高い女性の間で着られていた衣裳だったため、一般女性にとって憧れの存在。一生に一度の婚礼の時だけに着られる特別な衣装として、現代に受け継がれています。

 

打掛は「袘(ふき)」があるのが特徴

打掛は「袘(ふき)」があるのが特徴

打掛の裾部分には、裏地を表側に出して厚みを持たせた袘(ふき)があるのをご存知ですか?

もともと袘は、着物の汚れや痛みを防ぐために作られたもの。

裾部分に綿を入れ重みを出すことで、歩きやすくなり、さらに着物の豪華さを引き立ててくれる効果があります。

きもの講師ともこ
袘があることで、遠近法で身長も高く見えますよ!

 

 

結婚式の前撮りは和装が人気!中古でも打掛のニーズはある!

結婚式の前撮りは和装が人気。中古でも打掛のニーズはある!

打掛を売りたいと思う方の中には「結婚式は一生に一度。中古のニーズはあるの?」と心配されている方も多いのではないでしょうか?

ところがこの数年、前撮りブームにより「挙式当日はドレス、前撮りに和装」を選ぶカップルが増えているのです。

屋外で撮影することが多い前撮りでは・・・

・着物の裾が汚れる

・雨で着物が濡れてしまう

など着物が汚れるリスクが高いため、新品を購入するカップルはあまり多くありません。

特に真っ白な白打掛の場合は、ちょっとした汚れが命取りになるため、撮影用の色打掛や白打掛を中古で探すカップルが年々増えているようですね。

きもの講師ともこ
一生に一度しか着ない打掛ですが、中古市場では今でも人気の高い和装なんです。

 

 

打掛の種類は?「色打掛」や「白打掛(白無垢)」の違いをご紹介!

打掛の種類は?「色打掛」や「白打掛(白無垢)」の違いをご紹介!

伝統的な和装は、身に付けるだけで気持ちが引き締まりますよね。

打掛には、真っ白な「白打掛(白無垢)」と華やかな「色打掛」の2種類があり、どちらもおめでたい席にふさわしい華やかさがあります。

着物講師ともこ:「『白打掛(白無垢)」と『色打掛』。それぞれの特徴や歴史をみていきましょう」

 

白打掛(白無垢)

白打掛(白無垢)

白打掛は別名白無垢と呼ばれる最も格式の礼装で、 室町時代に武家の娘の婚礼衣装として用いられたことが始まりと言われています。

見る人をハッと引きつける白打掛は、和装版のウエディングドレスのような存在で、主に神前式などで着用します。

遠目からは真白に見えますが、素材や織り方によって独自の風合いが見られるのも特徴のひとつ。

光の加減によって浮き出る可愛らしい縁起物の柄や美しい刺繍が魅力的ですよ!

 

白打掛に似合う柄 

白打掛に似合う柄 

シンプルな美しさが際立つ白打掛にはどんな柄が似合うのでしょうか?

例を挙げながらご紹介します。

白打掛に似合う柄
    • 椿文:12月から3月に咲く花。春の訪れを告げる花であることから「幸福」「繁栄」の意味も。
    • 桜:日本の国花として親しまれる桜。「豊かさ」や「新しい門出」を意味します。
    • 鳳凰:不死鳥と呼ばれる鳳凰。万病を治すという言い伝えから「不老不死」の意味があります。
きもの講師ともこ
最近は、全身真白の白打掛に足元だけ赤のアクセントを入れる『赤袘』も人気を集めていますよ!

 

「白打掛(白無垢)」が白い理由とは?

「白打掛(白無垢)」が白い理由とは?

白打掛(白無垢)には「新婦の身の清浄を表し、けがれのない姿で神に誓う」という意味があり、挙式では、中の着物から装飾品まで、全て白色で統一します。

その他にも白打掛(白無垢)の白には・・・

  • 純潔
  • 太陽の色
  • 嫁ぎ先の風習に従う
  • 神様に仕える者の色
  • 邪気を払う色

など、神聖な意味が込められています。

 

色打掛

色打掛

色柄の種類が豊富な色打掛。

白打掛(白無垢)と同格の礼装で、挙式・披露宴問わず着用できます。

最近では、挙式で白打掛を、お色直しで色打掛を着る花嫁さんが増えているそうですね。

色打掛はカラフルな色と独特の重厚感が魅力的。中の着物は、打掛の鮮やかさを目立たせるために白を選ぶのが一般的です。

パッと目を引く縁起物の柄を選ぶのも楽しいですね。

きもの講師ともこ
華やかさとアレンジの幅が広がる色打掛。結婚式の前撮り衣装としても人気です!

 

色打掛に似合う柄とは?

色打掛に似合う柄とは?

柄の種類が豊富な色打掛。

さまざまな種類の中から色打掛にふさわしい「縁起物の柄」をご紹介します。

色打掛に似合う柄
    • 菊:漢方薬として用いられる菊。「不老長寿」「無病息災」などの意味があります。
    • 鶴:長生きの象徴である鶴。「不老長寿」の意味があります。
    • 四君子:蘭・竹・菊・梅など縁起物の柄がまとめて描かれた華やかな柄。
    • 牡丹:小さな蕾から大輪を咲かせる牡丹。「富貴」の意味が込められています。

 

色打掛の色の特徴は?高く売れる色はある?

色打掛の色の特徴は?高く売れる色はある?

色打掛はカラー展開も豊富です。

人気のカラーと合わせて、色の特徴をみていきましょう。

色打掛に似合う柄
    • 赤色:不動の人気を誇る定番色です。赤は「生命の色」「魔除の色」と言われており、お色直しや挙式で着用する人も多くみられます。
    • 金色:「富貴」など縁起の良い色。さし色で取り入れられることも。
    • 桃色:春を彷彿させる優しい色。表情を柔らかく見せてくれる人気色です。
    • 青色:近年人気を集める寒色。白色と同様に「純潔」を表します。幸せの「サムシングブルー」としても人気です。
きもの講師ともこ
年代を問わず着用できる赤は不動の人気。桃色などの暖色系も需要が高いので、高価買取が期待できますよ!

 

 

打掛の気になる買取相場は?

打掛の気になる買取相場は?

時代を超えて、日本人女性の婚礼衣裳として親しまれる打掛。最近では前撮りブームの影響もあり、中古の打掛のニーズも高まっています。

とはいえ、真っ白な白打掛はシミや汚れが目立ちやすく、長期間綺麗に保管するのは大変ですよね。

着なくなった打掛は、一体どれくらいの値段で買い取ってもらえるのでしょうか?

きもの講師ともこ
気になる打掛の買取相場について、調べてみました!

 

打掛の平均買取相場は5,000円〜40,000円

一般的な打掛の買取相場は、5,000円〜40,000円ほど。買取相場に大きな差があるのは、保管状態や布地の素材の違いによるものです。

挙式用にレンタルする打掛の平均相場が25万円〜30万円であるため・・・

  • 手ごろな価格で打掛を着たい人
  • 前撮り用でそこまで費用がかけられない人
  • 1回のレンタルはもったいないから中古の購入を検討している人

など幅広い層のカップルにニーズがあり、市場の需要は高いと考えて間違いありません。

状態が良く、購入から数年しか経っていない打掛であれば、高価買取も十分期待できるでしょう。

以上が、打掛の買取相場になります。

一生に一度しか着ない着物だからこそ、中古の打掛が人気を集めるのも納得ですね。

とはいえ、せっかく買取に出すのならば、少しでも高く買い取ってもらいたいもの。

きもの講師ともこ
ここからは、打掛の買取先について考察していきましょう!

 

 

打掛を高く売るならどこがいい?

打掛を高く売るならどこがいい?

代表的な打掛の売り方は、以下の4つです。

  1. 質屋で売る
  2. フリマアプリやオークションで売る
  3. リサイクルショップで売る
  4. 着物買取専門業者で売る

それぞれメリット、デメリットはありますが、高価買取を目指すなら着物買取専門業者がおすすめです。

きもの講師ともこ
それでは、詳しく解説していきますね!

 

打掛を質屋で売る

「打掛は高価な着物だから、質屋に持っていくのはどうだろう?」と考える方もいるかもしれません。

最初に押さえておくべきポイントは、質屋は品物を買い取ってくれる場所ではなく、品物を預ける代わりにお金を借りる場所であるという点です。

確かに買取を行っているところもありますが、メインが質屋のため、買取専門の業者に比べて買取額が控えめな印象です。

きもの講師ともこ
一時的に現金が必要な方にとっては良くても、着物を売りたい方にはあまりメリットがないかもしれませんね……!

 

打掛をフリマ青売りやオークションで売る

買取業者を介さず、自分の好きなタイミングで売買ができるのが、フリマアプリやオークションのメリット。

写真や着物の情報を掲載するだけで出品できるので、お店や業者に持ち込む時間のない人にとってはありがたいサービスではないでしょうか?

自分で売値を決められるので、一見、高価買取が期待できそうですが、実際は値下げ交渉や購入後のトラブルも相次いでいるそうです。

きもの講師ともこ
インターネットに慣れていない方や、着物の知識がない方には、なかなかハードルが高い売却方法かもしれません。

 

打掛をリサイクルショップで売る

古着の処分先として、街のリサイクルショップをイメージされる方も多いのではないでしょうか?

着物の査定をしてくれるリサイクルショップは、まだまだ少ないのが現状で、状態によっては買取を断られることもあります。

着物専門の知識を持つスタッフが在籍していないため、査定額は数百円程度にしかならないことも。

きもの講師ともこ
せっかく高価な打掛をリサイクルショップで売るのはもったいないですよ!

 

打掛を着物買取専門業者で売る

打掛の売り先として、最もおすすめなのが、着物買取専門業者に査定を依頼する方法です。

上記の3つとの違いは、振袖の価値をしっかりと判断してくれる専門家がいること。

最近では自宅まで買取業者が来てくれる「出張買取」や売りたい着物を梱包して買取業者に直接送る「宅配買取」など、買取方法もさまざまです。査定やキャンセル料もかからないため、ノーリスクで打掛を売却できるでしょう。

きもの講師ともこ
大手の着物買取業者は月間2万件以上の買取をしているところもあり、着物の相場に精通していますよ!

 

打掛の売却におすすめ!着物買取業者ランキング

打掛の売却におすすめ!着物買取業者ランキング

打掛の売却先として4つを紹介しましたが、着物買取業者がもっとも高く安全に買取をしてくれます。

ここでは打掛を売るのに最適な着物買取サービスをランキングでご紹介しますね。

 

1位:バイセル

バイセルのココがイイ!
  • 卓越した査定力を持つ査定員が見るので、買取価格に期待できる。
  • 運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは上場企業
  • 女性査定員を指名できるので、女性でも安心して打掛を売れる。
  • 他店より1円でも安ければ全品返却を掲げるほど、買取価格に対して自信がある。

買取価格・対応共に評判が良く、打掛の買取を頼むならバイセルがいちばんでしょう。

運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは2019年12月に上場しており、企業として社会的信頼があります。

上場していると、押し買いや買い叩きなどの悪質なことはできませんし、安心して打掛を売却できますよ。

また、女性査定員を指名することもできるので、女性の方でも安心して打掛を売れるのがポイント。

高価格・安心という2つの大きなツボを押さえているのがバイセルなのです。

 

2位:買取プレミアム

買取プレミアムのココがイイ!
  • 運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは上場企業
  • 事前に無料の電話相談で不安な点を相談できる。
  • 証紙や証明がなくても買取りOK。
  • 歴戦の査定員がいるので、適正な価格で打掛を買取りしてくれる。

買取プレミアムはバイセルと運営元が同じ会社です。

そのためこちらの運営元も上場企業である株式会社バイセルテクノロジーズですね。

なので内容自体はそれほど変わりなく、高額買取が期待できますし、出張買取は即日現金で支払われます。

さらに証紙や証明書がなかったり、古い打掛でも問題なく買取してくれるので、難アリの打掛を売る時は買取プレミアムもしくはバイセルがベストですよ。

 

3位:ザ・ゴールド

ザ・ゴールドのココがイイ!
  • シミがあったり、柄が古くても買取りしてくれる。
  • 最新の相場を常に把握しているので、適正価格で買取りが可能。
  • プライバシーマーク取得により、個人情報の取り扱いも安心。

ザ・ゴールドは3つの買取方法どれにも対応はしていますが、基本的には出張買取メインの買取店ですね。

着物の最新相場を把握しているため、下手に買い叩くことなく、適正価格で売却することができるでしょう。

またプライバシーマークを取得していることから、個人情報の取り扱いに関してもしっかりしているので、安心して着物を売れますね。

 

打掛の買取で一番のおすすめはバイセル

当サイトいちばんのオススメはバイセルです。

買取価格は業界最高値が期待できますし、他社より1円でも買取価格が低ければ全て返品を謳っているのが大きいですね。

また対応自体も評判がよく、査定員も凄腕ばかりなので、安心して高く打掛を売るならバイセルに依頼するのがベストですよ!

 

 

打掛を高く売る3つのポイントをご紹介!

打掛を高く売る3つのポイントをご紹介!

「打掛を高く売りたい」と思ったら、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

具体的な上布の査定ポイントは、下記の3つ。

  • 打掛の状態が良好なうちに早く買取に出す
  • 「証紙・証明書」を合わせて査定に出す
  • 流行のない色柄である
きもの講師ともこ
それぞれの査定ポイントを順番に解説していきますね!

 

「証紙・証明書」を合わせて査定に出す

証紙とは「着物の価値を表す証明書」のこと。証紙があることで、厳しい品質検査をクリアし、高級品であることを証明できるため、査定結果に大きく影響します。

お手持ちの打掛が、正絹など高級な素材で織られている場合は、購入時に証紙がついています。

手元にある場合は必ず一緒に査定に出しましょう。

 

打掛の状態が良好なうちに早く買取に出す

地面につくほど長い打掛の裾は、傷みやすく汚れも目立ちやすいです。そのため買取に出される打掛は、保管状態がよくないものがほとんど。

年数が経てば経つほど経年劣化が避けられなくなってくるので、売ると決めたらできるだけ早く買取に出すことをおすすめします。

きもの講師ともこ
挙式後すぐに査定に査定に出された打掛は、先ほどご紹介した相場よりも高く買い取ってもらえますよ!

 

流行のない色柄の打掛である

ウエディングドレスのデザインに流行があるように、色打掛や白打掛にも流行があることをご存知ですか?

しかし、色打掛の定番である「赤系」や「ピンク系」は、年齢や流行に関係なく高い人気を誇っており、高価買取が期待できます。

一方、流行に影響されない白打掛は、保存状態が命。汚れやシワが付かないように丁寧に保管しましょう。

以上3つが振袖を高く売るポイントです。

証紙を出すのはもちろん、色や柄に関しては挙式後すぐに査定に出せば、流行のものでも高値で買い取ってもらうことができますよ!

 

 

打掛とは?買取相場や高く売るコツ色打ち掛けの特徴もご紹介!まとめ

今回は、打掛の種類や特徴、買取相場や高価買取のポイントをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

結婚式や披露宴でしか着る機会のなかった打掛は、挙式の多様化や前撮りの流行により、中古市場の人気は高まっています。

「結婚式にお金をかけられないけど、洋装と和装どっちも着たい」「写真撮影用に気軽に着れる色打掛がほしい」など打掛を求めるカップルのニーズはさまざまです。

打掛は、種類・保存状態・色や柄など細かいポイントの違いで査定額が大きく変わるので、打掛の売り先に迷ったら、着物のプロがいる着物買取業者を選んでください。

査定料・出張料・送料・キャンセル料は全て無料なので、気になる方はまずは無料査定に出すことをおすすめします!

-着物の売り方

Copyright© 着物女子 , 2020 All Rights Reserved.