【銘仙の買取】銘仙着物の相場はどれくらい?特徴や高く売るコツをご紹介!

着物の売り方

【銘仙の買取】銘仙着物の相場はどれくらい?特徴や高く売るコツをご紹介!

更新日:

「銘仙(めいせん)」という着物をご存知ですか?

銘仙とは、大正時代から昭和にかけて女性の普段着として一世を風靡した「平織りの絹織物」を指します。

「和モダンな色柄が可愛い」と若い世代から高い支持を得ており、中古であっても人気が高いのが特徴です。

そこで今回は、銘仙とはどんな特徴を持った着物なのか、気になる買取相場や、高価買取のポイントなどについてまとめました。

きもの講師ともこ
この記事を読めば、おしゃれで可愛い銘仙を、納得できる価格で売ることができますよ!

銘仙(めいせん)とはどんな着物?

銘仙(めいせん)とはどんな着物?

銘仙とは、大正時代から昭和にかけて女性の間で流行した平織りの着物。

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を意図的にずらしながら織る絣(かすり)と呼ばれる技法を使い、個性的な模様や色合いを生み出すのが特徴です。

銘仙の登場からは100年以上が経過しており、大正時代に作られたものは特に「アンティーク着物」と呼ばれ、気軽に身に付けられる骨董品として人気を集めています。

もともと銘仙は、養蚕農家の人たちが日常着として自分たちが着る衣服を自由な発想で織ったもの。

正絹をはじめとする一般的な着物に比べると格式は劣りますが、可愛らしいデザインのものが多いため、街歩きや観劇、コンサートなどのお出かけ着として幅広く活用できます。

きもの講師ともこ
大正ロマンを感じる和モダンな柄の布地を使って、小物やバッグなどにリメイクする女性も多いようですね!

 

銘仙の産地と種類について

かつてはさまざまな産地で作られていた銘仙ですが、現在、新しい着物はほとんど織られておらず、そのほとんどがアンティーク着物として販売されています。

銘仙の代表的な産地は・・・

  • 足利銘仙
  • 伊勢崎銘仙
  • 秩父銘仙
  • 桐生銘仙
  • 八王子銘仙

の5種類で、それぞれに特徴があります。

きもの講師ともこ
順番に詳しくご紹介しますね。

 

足利銘仙

栃木県足利地域で生産される足利銘仙。縦糸を織機にかけ、粗く緯糸で仮織りし、模様を捺染(プリント)していく解し絣(ほぐしかすり)という技法で作られており、柔らかくぼかされたような模様が特徴です。

洗練されたモダンな雰囲気と、リーズナブルな価格が評判を呼び、美術館などで、展示会が開かれるなど、その人気はお墨付き。

まさに、銘仙文化の再熱の火付け役といえる存在です。

 

伊勢崎銘仙

群馬県伊勢崎で生産される伊勢崎銘仙。経糸と緯糸の両方に柄をつけ、一本一本併せて織る「併用絣」と呼ばれる技法で作られているのが特徴です。

色鮮やかでポップなデザインが印象的な伊勢崎銘仙は、大正ロマンを感じるアンティークな雰囲気が魅力的。唯一無二のデザインを求める着物愛好家の間で絶大な人気を誇っています。

 

秩父銘仙

埼玉県秩父で生産される秩父銘仙。面裏のない独自の技法を使ったデザインが特徴で、角度によって色の見え方が異なる「玉虫効果」が見られることも。

そろえた経糸に緯糸を仮降りし、緯糸を手でほぐしながら器用に織っていく秩父銘仙独自の技法は「ほぐし織り」と呼ばれており、国指定伝統的工芸品に認定されるなど、高い評価を受けています。

 

桐生銘仙

群馬県桐生市で生産される桐生銘仙。

日本を代表する織物の産地である桐生市では、高い技術を持つ職人が多数活躍しており、庶民の日常着である銘仙を織ることは「職人の恥」と考えられていたそうです。

そんな桐生市が生み出すのは、絣柄や小柄など比較的落ち着いたデザイン。シンプルでありながら個性的な色柄は、世代を問わず多くのファンを獲得しています。

 

八王子銘仙

かつて東京都八王子で生産されていた八王子銘仙の特徴は「カンピタン織り」と呼ばれる細やかな地紋の織り。現在はほとんど生産されていませんが、ノスタルジックでレトロな風合いは唯一無二の存在でしょう。

 

銘仙の買取相場はどれくらい?

女性の普段着、おしゃれ着として愛され続ける銘仙。

着なくなった銘仙は、一体どれくらいの値段で買い取ってもらえるのでしょうか?

きもの講師ともこ
気になる銘仙の買取相場について、調べてみました!

 

一般的な銘仙の買取相場は数百円から1万円

一般的な銘仙の買取相場は、500円から4,000円ほど。もともと、日常着として着られる着物であったため、格式はそこまで高くないようですね。

しかし、現在ほとんど生産されていない銘仙は希少性が高く、着物愛好家の中では根強い人気を誇っているのも事実。

状態が良く、アンティーク着物としての価値があるものであれば、1万円以上の高価買取も期待できるでしょう。

以上が、銘仙の買取相場になります。

いくつかポイントを押さえれば銘仙の買取は十分に可能です。

とはいえ、せっかく買取に出すのならば、少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。

きもの講師ともこ
ここからは、銘仙を相場よりも高く買い取ってもらうためのポイントをご紹介していきます!

 

着なくなった銘仙を高く売る4つのポイント

着なくなった銘仙を高く売る4つのポイント

レトロモダンな色柄が魅力的な銘仙。アンティーク着物だからこそ、押さえておきたい買取のポイントがあります。

  1. 保存状態の良し悪しはやっぱり重要
  2. 有名産地のものは証紙と一緒に買取に出す
  3. リサイクルショップやフリマアプリでは売らない
  4. 着物買取専門店に査定を依頼する
きもの講師ともこ
それぞれの買取のポイントを順番に解説していきますね!

 

保存状態の良し悪しはやっぱり重要

いくらアンティークであるとはいえ、ボロボロになった銘仙を買い取ってもらうのは難しいでしょう。とはいえ、着物の素材は大変デリケート。タンスにしまっているだけでも、数年経てば、着物は劣化してしまいます。

定期的に取り出し、埃や糸くずを取るなどメンテナンスを行いましょう。

特に銘仙は、正絹ではなく絹に似せた生地で作られているものも多いため、劣化が早いと言われています。

きもの講師ともこ
少しでも高価買取を目指すなら、早めに買取に出すのも一つの手ですね!

 

有名産地のものは証紙と一緒に買取に出す

銘仙には、アンティーク着物特有の希少性があります。特に「カンピタン織り」で作られた八王子銘仙は、現在ほとんど生産されておらず、その伝統を求める着物愛好家の間で人気を集めています。

・足利銘仙

・伊勢崎銘仙

・秩父銘仙

・桐生銘仙

・八王子銘仙

上記の5つの産地で作られた銘仙は、各地域の伝統と技術を受け継いだ工芸品。着物の産地や価値を表す証紙と一緒に出せば、買取額がアップする可能性も。

きもの講師ともこ
証紙は、着物の価値を一目で表す証明書のような存在なのですね!

 

リサイクルショップ・フリマアプリ・オークションでは売らない

着物の売却先として、手軽なリサイクルショップやフリマアプリを検討されている方も多いのではないでしょうか?

実はこれらの方法は、手軽である一方、高価買取に繋がらないというデメリットも。

リサイクルショップの場合は、仮に買取をしてもらえたとしても、専門のスタッフがいないため、他の古着と同様数百円、ひどい時には数十円にしかならないケースもあります。

きもの講師ともこ
リサイクルショップは買取品目ごとに、画一的に買取額を決めているところもあり、相場が無視されることもあるんです。

一方、ご自身で価格を決められるフリマアプリやオークションはどうでしょうか?

普段からアプリに慣れている人でないかぎり、十分に注意して売却しないと後々のトラブルに繋がりかねません。特に、着物の採寸は素人目にはなかなか難しいものがあります。

出品、撮影、質疑応答、郵送などを考えると、決してコスパの良い方法とは言えなさそうですね。

きもの講師ともこ
では、着なくなった銘仙はどこで売ればいいのでしょうか?

 

着物買取専門店に査定を依頼する

着物の一種である銘仙は、どんなに気をつけていてもシミや汚れはさけられません。

そんな銘仙の買取先としておすすめしたいのが、着物に関する知識を持った着物買取専門業者です。

膨大な量の着物を査定している買取専門業者なら、多少のシミや汚れがあったとしても、産地や希少性など、あらゆる角度から着物の価値を総合的に判断してくれます。

なので、納得のいく価格で着物を売れる可能性が高いのです。

きもの講師ともこ
『高く売れないなら、どこに出しても同じ』と諦める前に、買取専門業者にまずは査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

 

銘仙の買取業者選びに迷ったら?当サイトおすすめの買取業者をご紹介!

とはいえ、数ある買取業者から買取先を選ぶのは、なかなか大変ですよね。

それでは最後に当サイトおすすめの着物買取業者をご紹介します。

きもの講師ともこ
どれも安心・高額で評判の業者なので、ぜひ着物を売る時の参考にしてくださいね!

 

銘仙を高額で売却!
大手着物の買取業者ランキング

 

1位:バイセル

バイセルのココがイイ!
  • 卓越した査定力を持つ査定員が見るので、買取価格に期待できる。
  • 運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは上場企業
  • 女性査定員を指名できるので、女性でも安心して銘仙を売れる。
  • 他店より1円でも安ければ全品返却を掲げるほど、買取価格に対して自信がある。

買取価格・対応共に評判が良く、銘仙の買取を頼むならバイセルがいちばんでしょう。

運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは2019年12月に上場しており、企業として社会的信頼があります。

上場していると、押し買いや買い叩きなどの悪質なことはできませんし、安心して銘仙を売却できますよ。

また、女性査定員を指名することもできるので、女性の方でも安心して銘仙を売れるのがポイント。

高価格・安心という2つの大きなツボを押さえているのがバイセルなのです。

 

2位:買取プレミアム

買取プレミアムのココがイイ!
  • 運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは上場企業
  • 事前に無料の電話相談で不安な点を相談できる。
  • 証紙や証明がなくても買取りOK。
  • 歴戦の査定員がいるので、適正な価格で銘仙を買取りしてくれる。

買取プレミアムはバイセルと運営元が同じ会社です。

そのためこちらの運営元も上場企業である株式会社バイセルテクノロジーズですね。

なので内容自体はそれほど変わりなく、高額買取が期待できますし、出張買取は即日現金で支払われます。

さらに証紙や証明書がなかったり、古い銘仙でも問題なく買取してくれるので、難アリの銘仙を売る時は買取プレミアムもしくはバイセルがベストですよ。

 

3位:ザ・ゴールド

ザ・ゴールドのココがイイ!
  • シミがあったり、柄が古くても買取りしてくれる。
  • 最新の相場を常に把握しているので、適正価格で買取りが可能。
  • プライバシーマーク取得により、個人情報の取り扱いも安心。

ザ・ゴールドは3つの買取方法どれにも対応はしていますが、基本的には出張買取メインの買取店ですね。

着物の最新相場を把握しているため、下手に買い叩くことなく、適正価格で売却することができるでしょう。

またプライバシーマークを取得していることから、個人情報の取り扱いに関してもしっかりしているので、安心して着物を売れますね。

 

銘仙の買取で一番のおすすめはバイセル

当サイトいちばんのオススメはバイセルです。

買取価格は業界最高値が期待できますし、他社より1円でも買取価格が低ければ全て返品を謳っているのが大きいですね。

また対応自体も評判がよく、査定員も凄腕ばかりなので、安心して高く銘仙を売るならバイセルに依頼するのがベストですよ!

 

 

銘仙の買取相場はどれくらい?特徴や高く売るコツをご紹介!【まとめ】

今回は、銘仙の買取についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

最後に、銘仙の買取相場や高価買取のポイントについてまとめると、

  1. 銘仙の買取相場は数百円から数千円
  2. 有名産地は全部で5つ。証紙と一緒に査定に出す
  3. リサイクルショップやフリマアプリでは売らない
  4. 銘仙の価値が分かる買取専門業者を選ぶ

となります。

レトロモダンな魅力が詰まった銘仙は、店頭にこそ並ばないものの、希少性が高く人気があります。「もう着ないから…」と銘仙の処分先にお困りの方は、ぜひ一度着物買取専門店の無料査定に出されてみてはいかがでしょうか!

-着物の売り方

Copyright© 着物女子 , 2020 All Rights Reserved.