手ぶらで大丈夫?着物レンタルに必要な持ち物まとめ!あれば助かるお助けグッズもご紹介

着物レンタル

手ぶらで大丈夫?着物レンタルに必要な持ち物まとめ!あれば助かるお助けグッズもご紹介

更新日:

着物レンタルなら必要な持ち物ってあるの?

特に初めて着物をレンタルするなら、そもそも何を用意すれば良いのかわかりませんよね。

そこで本記事では着物レンタルに必要な持ち物や、レンタルをより楽しめるもの、あれば助かるお助けグッズもご紹介します。

きもの講師ともこ
本記事では着物レンタルに必要な持ち物が全てわかるようになっています!

着物レンタルに必要な持ち物はナシ!基本手ぶらでOK!

着物レンタルに必要な持ち物はナシ!基本手ぶらでOK!

着物レンタルに必要な持ち物を紹介!と言っておきながらですが、基本的に持ち物は必要なく手ぶらでOKなことがほとんど。

着物を着る上で必要な、着物や帯・和装小物などなどは、ほとんどの場合レンタル店で借りられるようになっているのです。

ほとんどの着物レンタル店では以下のものがレンタルプランに含まれています。

  • 着物
  • 長襦袢
  • 肌着
  • 半幅帯
  • 巾着袋
  • 草履
  • 足袋

また、プランによっては髪飾りがレンタルに含まれていたり、観光用のレンタル店であればヘアセットもプランに含まれていることもあります。

きもの講師ともこ
レンタル店では着物を着るにあたり必要なものが全てレンタルできるので、実は手ぶらでOKなのです!

ただ、レンタルをするにあたっては以下のものは必須なので忘れないようにしましょう。

  • 身分証明書(免許証・パスポート・保険証など)
  • 予約証

上記がないと着物のレンタル自体ができないので、忘れないようにしましょう。

また、冬場の寒い季節はお店のレンタルプランに羽織りなどのアウターが含まれていることが多いのですが、ヒートテック等のインナーを持っていったほうがいいですね!

着物レンタルで必要なものといえば身分証ぐらいなので、手ぶらでいってもなんら問題ありません。

レンタル店でも夏場・冬場それぞれで扇子や羽織りなど、時期に応じたものがレンタルプランに含まれていることが多く、プラスで必要なものというのはほぼないでしょう。

ただ、着物レンタルをより楽しむなら話は別。

次は着物レンタルをより楽しむにあたって必要な物をご紹介しますね!

 

 

着物レンタルがより楽しめる持ち物

着物レンタルがより楽しめる持ち物

着物レンタルを楽しむにはおしゃれするのが一番!

ここでは着物レンタルがより楽しめる持ち物や服装をご紹介しますね!

  • 帽子
  • ブーツ
  • 小さめの鞄

着物がより楽しめる持ち物は上記の3つ。

きもの講師ともこ
それぞれ詳しく解説していきますね!

 

帽子

帽子

着物にベレー帽などの帽子を合わせるのもグッド!

レンタル店によっては、予めヘアセット前に帽子を持ち込んで説明すれば、帽子を崩さないようにうまくヘアセットしてくれるところもあります。

カンタンに他と差をつけるなら帽子がおすすめですよ♪

 

ブーツ

ブーツ

レトロブームからよく見るコーデですが、着物×ブーツのコーデもおすすめ。

オシャレは足下から・・・といわれるぐらいなので、足袋でなくブーツにすると全体のイメージもグッと変わります、

定番はドクターマーチンですが、甘めならブーティを合わせるのも○。

普段草履を履き慣れていない方は、あえてブーツで合わせるのがおすすめですよ!

 

小さめの鞄

小さめの鞄

ポーチなどの鞄類はレンタルプランに含まれていることが多いのですが、どうせなら自分で持ち込んで鞄含めてトータルコーデした方が楽しめます。

着物にトートやクラッチなどのバッグを合わせると、和×洋のMIXコーデになるのでオシャレ上級者じゃなくても気軽にできますね。

色はあえて派手目な物を選ぶのも○。

柄on柄が許されるのも着物コーデならではなので、派手目の鞄をお持ちならチャレンジしてみるのもアリです!

着物レンタル店で用意してもらえるもの以外にも、自分でプラスアルファを持込めば、より着物レンタルを楽しめます。

ここで紹介した帽子・ブーツ・小さめの鞄は、着物にも取り入れやすいアイテムなので、レンタルする時にぜひ取り入れてみてくださいね。

それでは次は、あれば助かる!着物のお助けグッズをご紹介します。

 

 

あれば助かる!着物レンタルのお助けグッズ

あれば助かる!着物レンタルのお助けグッズ

着物をレンタルして歩いてるといきなり足が痛くなった!

そんなレンタル時の困った!に効果的なお助けグッズをご紹介します。

きもの講師ともこ
あればいざという時に助かりますよ!

 

ハンドタオル

ハンドタオル

しっかり着付けをしても、時間が経つとどうしても着崩れしてきてしまいます。

そんな時に使えるのがハンドタオル。

帯が緩んできたと思ったら、サッと帯のうちに忍ばせると着崩れを防ぐことができます。

厚手のハンドタオルなら、長時間帯の緩みを抑えられるので、かばんの中に入れて持ち歩きましょう。

 

絆創膏

絆創膏

着物レンタルでよくあるのが「鼻緒ずれ」。

普段草履や下駄を履かない人は、足が慣れておらず鼻緒がズレて怪我をしてしまいます。

なので予め草履を履く前には、鼻緒が当たる部分に絆創膏を貼って怪我を防ぎましょう。

できれば複数枚貼って補強しておくことで、鼻緒ずれも防げますし、絆創膏が途中で浮いてきて歩きづらい・・・ということもなくなりますよ!

 

着物クリップ

着物クリップ

着物クリップは着物の生地を痛めないように作られたクリップです。

洗濯バサミだとどうしても挟む力が強く、生地を痛めてしまう可能性があります。

この着物クリップが活躍するのが、お手洗いの時。

裾や袖をまくり上げる際に、着物クリップを使って止めることができるので、初めて着物を着る方には特にオススメです。

以上がいざという時の着物レンタルお助けグッズ。

どれも鞄の中に忍ばせておけばいざという時に使えますし、小さな鞄でも入るので、レンタル時には可能な限り持込みたいですね。

特に初めて着物をレンタルする人は慣れていないことばかりなので、上記3つは最低でも持込みすることをおすすめします!

 

 

着物レンタルに必要な持ち物まとめ!手ぶらで大丈夫?あれば助かるお助けグッズもご紹介まとめ

着物レンタルに必要な持ち物は基本的には無く、手ぶらでもOKです。

ただし初めてレンタルを利用する方は、本記事でご紹介したお助けグッズを持込みましょう。

レンタル店側で用意してくれるのはあくまで着物を着用するためのものなので、困った時に必要なものは予め用意しておくと、安心してレンタルを楽しめますよ!

-着物レンタル

Copyright© 着物女子 , 2020 All Rights Reserved.