【久留米絣の買取】久留米絣は高額で売れる?買取相場や特徴・代表的な柄をご紹介

着物・帯の買取相場

【久留米絣の買取】久留米絣は高額で売れる?買取相場や特徴・代表的な柄をご紹介

更新日:

国の伝工芸品であり、その技術は無形文化財に指定される久留米絣。

現代ではそれほど生産されておらず、希少価値が高いように思えますが、果たして買取額はいかほどなのでしょうか?

本記事ではそんな久留米絣の買取相場や、高額で久留米絣を売る方法について書いていきます。

久留米絣の買取相場はどれぐらい?買取価格をご紹介

久留米絣の買取相場はどれぐらい?買取価格をご紹介

久留米絣の買取相場は一般的に1万円~が相場ですが、これはあくまで一部の久留米絣に適応される買取相場。

モノによって大きく買取価格が変わるので、買取価格の違いや何によって買取額が変わるかについて、詳しく解説していきますね。

 

伝統工芸品の久留米絣は買取相場が高い

久留米絣は、それ自体が伝統工芸品に指定されている訳ではありません。

同じ久留米絣でも、伝統工芸品に指定されるものとそうでないものがあるのです。

伝統工芸品に指定されるものは、先にも述べたように1万円以上の値がつくことがほとんどですが、伝統工芸品の指定がないものは数千円が相場となります。

きもの講師ともこ
同じ久留米絣でも、製法によって伝統工芸品かどうかが変わってくるんです。

久留米絣が伝統工芸品として指定されるのは、手作業で作られたもののみ。

機械製法で作られたものは対象外となり、買取価格は落ちるのが一般的です。

違いは証紙にあり

お持ちの久留米絣が伝統工芸品かどうかは、証紙があるかどうかで決まります。

伝統工芸品の久留米絣は必ず証紙がついているので、手元に証紙があれば必ず査定時に見せましょう。

 

有名作家ものの久留米絣は数十万円以上の値がつくことも

久留米絣で有名な作家は松枝玉記氏。

同氏の久留米絣は、柄が単なる幾何学模様ではなく、思いやストーリーが込められており、美しい白と藍の文様が特徴です。

この松枝玉記氏作の久留米絣の買取相場は着尺で15万円以上。

着物それぞれが一点もののようなもので、個体や保管状態によって変わりますが、超高額で売買される着物の一つです。

着物買取相場【全種類一覧】あなたの着物がいくらかわかる!一覧表で相場をご紹介
着物買取相場【全種類一覧】あなたの着物がいくらかわかる!一覧表で相場をご紹介

誰も着ない家族の着物や、もう着なくなった着物。 これらは売るといくらぐらいになるのでしょうか? 種類やブランド・ノーブランドで当然価値は違ってきますが、適正価格で売却するためにも、予め情報を得ておくこ ...

続きを見る

以上が久留米絣の買取相場です。

伝統工芸品・有名作家ものかどうかで、そもそもの買取相場が全く違ってくるので、証紙があるかどうかが高額買取となるかの判断材料となります。

ではそんな久留米絣をより高く売るにはどうすればいいのでしょうか?次は久留米絣を高額で売るためのポイントについて解説します。

 

 

久留米絣を高く売る3つのポイント

久留米絣を高く売る3つのポイント

久留米絣を高く売るポイントは以下の3つ。

  • 証紙は絶対に出す
  • シミ・汚れはなるべく落としておく
  • 買取先を選ぶ
きもの講師ともこ
それぞれ詳しく解説していきますね!

 

証紙は絶対に出す

証紙が手元にあれば必ず出しましょう。

手織りに比べて価値が低めな機械織りであっても久留米絣には証紙がついてくるので、購入時に証紙があるかどうかは、着物の価値を決定づける大きな要素になります。

証紙があるかどうかで、買取額が二束三文になることもあるので、必ず証紙は着物と合わせて買取に出しましょう。

 

シミ・汚れはなるべく落としておく

久留米絣を売りに出す前に、シミや汚れはなるべく落としておきましょう。

ただ、シミ・汚れがあるだけで着物の価値は大きく落ちますが、高額のクリーニングに出すのは禁物。

クリーニング代以上に買取額が上がる・・・というのはよっぽど高価な着物でないとありえないので、自宅で出来る程度でいいので、綺麗にしておくのがいいですね。

 

買取先を選ぶ

たとえ価値ある着物であったとしても、買い手となる業者が相場や価値に疎ければ、買取額は二束三文ということもありえます。

相場を把握し、着物の価値を熟知している所に売るのが最適ですが、おすすめは着物の買取業者です。

その中でも大手の業者は、どこも相場や価値を把握しているため、あなたの久留米絣も適正価格で買取してくれますよ!

それでは次は当サイトがおすすめする、着物の買取業者をご紹介しますね。

 

久留米絣を適正価格以上で売却!
大手着物の買取業者ランキング

 

1位:バイセル

バイセルのココがイイ!
  • 卓越した査定力を持つ査定員が見るので、買取価格に期待できる。
  • 運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは上場企業
  • 女性査定員を指名できるので、女性でも安心して久留米絣を売れる。
  • 他店より1円でも安ければ全品返却を掲げるほど、買取価格に対して自信がある。

買取価格・対応共に評判が良く、久留米絣の買取を頼むならバイセルがいちばんでしょう。

運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは2019年12月に上場しており、企業として社会的信頼があります。

上場していると、押し買いや買い叩きなどの悪質なことはできませんし、安心して付け下げを売却できますよ。

また、女性査定員を指名することもできるので、女性の方でも安心して着物を売れるのがポイント。

高価格・安心という2つの大きなツボを押さえているのがバイセルなのです。

 

2位:買取プレミアム

買取プレミアムのココがイイ!
  • 運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは上場企業
  • 事前に無料の電話相談で不安な点を相談できる。
  • 証紙や証明がなくても買取りOK。
  • 歴戦の査定員がいるので、適正な価格で久留米絣を買取りしてくれる。

買取プレミアムはバイセルと運営元が同じ会社です。

そのためこちらの運営元も上場企業である株式会社バイセルテクノロジーズですね。

なので内容自体はそれほど変わりなく、高額買取が期待できますし、出張買取は即日現金で支払われます。

さらに証紙や証明書がなかったり、古い久留米絣でも問題なく買取してくれるので、難アリの久留米絣を売る時は買取プレミアムもしくはバイセルがベストですよ。

 

3位:ザ・ゴールド

ザ・ゴールドのココがイイ!
  • シミがあったり、柄が古くても買取りしてくれる。
  • 最新の相場を常に把握しているので、適正価格で買取りが可能。
  • プライバシーマーク取得により、個人情報の取り扱いも安心。

ザ・ゴールドは3つの買取方法どれにも対応はしていますが、基本的には出張買取メインの買取店ですね。

着物の最新相場を把握しているため、下手に買い叩くことなく、適正価格で売却することができるでしょう。

またプライバシーマークを取得していることから、個人情報の取り扱いに関してもしっかりしているので、安心して着物を売れますね。

 

久留米絣の買取で一番のおすすめはバイセル

当サイトいちばんのオススメはバイセルです。

買取価格は業界最高値が期待できますし、他社より1円でも買取価格が低ければ全て返品を謳っているのが大きいですね。

また対応自体も評判がよく、査定員も凄腕ばかりなので、安心して高く付け下げを売るならバイセルに依頼するのがベストですよ!

 

 

久留米絣の特徴は?素材・材料や製作工程などをご紹介

久留米絣の特徴は?素材・材料や製作工程などをご紹介

現在では希少価値の高い着物となった久留米絣。

一時期は年間200万丹も生産されていたそうですが、洋服ニーズの拡大によりかなり生産数が減っています。

そんな久留米絣ですが、どのような素材をどういった工程で作られているのでしょうか?

 

久留米絣の素材・材料や生産工程

久留米絣の素材・材料ですが、糸は基本的に綿糸を使います。

この糸を先染めと呼ばれる、織る前に染色する方法を使い、50回以上繰り返し染め上げた後に製織に入るのです。

そしてその久留米絣の生産工程は、ざっくり以下のようになっています。

  1. デザイン・下絵を描く
  2. 絵糸描き(手織りのみ)
  3. 整経
  4. 整緯
  5. 漂白・糊つけ
  6. 括り
  7. 染色
  8. 水洗い
  9. 糊つけ・乾燥
  10. 縦割
  11. 割込み・筬通し
  12. 縦巻・管巻
  13. 製織
  14. 湯のし・乾燥
  15. 製反

上記がその工程で、細かく分けると30以上の工程を経て製作されます。

現代では機械織りもメジャーとなりましたが、職人が端正込めて作る久留米絣は、完成までに3ヶ月かかることも。

この点から、久留米絣は生産にかかる手間が多くなるため、そのぶん生産数も少なく価値が高くなるということですね。

 

久留米絣は着物だけでなくハンカチやストールも作られる

着物ニーズの現象からか、最近ではネットショップで久留米絣のハンカチやストールも販売されています。

着尺に比べて手頃な価格で手に入れられるので、絣ファンには重宝されるようです。

デザインも幾何学模様から、女性向けの花柄など様々なので、久留米絣好きな方にはおすすめですね。

 

毎年開催されている久留米絣のイベント

久留米絣は着物の中でもコアなファンが多く、個人デザイナーが久留米絣とコラボすることもあるほど。

そんな久留米絣について、毎年開かれているイベントが『広川かすり祭り』です。

毎年春〜夏頃に開催され、久留米絣のファッションショーや、広川町で作られる食品を使った出店などが立ち並び、まさしく久留米絣のイベントと言えますね。

きもの講師ともこ
広川町は国内で生産される久留米絣の工房がもっとも多い町であり、久留米絣の生産元と言っても差し支えないぐらいです。

以上が久留米絣の特徴や生産工程などなどです。

久留米絣はたとえ機械織りと言えど、多くの手間と時間をかけて作られるため、自然とひとつひとつに生産者の思いが詰まった着物となるのでしょう。

我こそは久留米絣ファン!という方は、ぜひ広川かすり祭りに行ってみてくださいね!

 

 

久留米絣の柄は何種類あるの?代表的な柄は?

久留米絣の柄は何種類あるの?代表的な柄は?

柄の数が非常に多い久留米絣。

正直柄の種類は誰も把握しておらず、製作者ごとで柄に名前をつけていることがほとんどです。

しかし、大枠のカテゴリーはあるようで、ここでは柄のカテゴリや種類について解説していきます。

 

久留米絣の柄は4つにカテゴライズされる

久留米絣の柄の種類は4つに分けられます。

  • 大柄
  • 中柄
  • 小柄
  • 絵絣

大・中・小柄はその名の通り柄の大きさを表しますが、具体的な定義は存在せず、作者の意図によってどれかにカテゴライズされます。

そして大・中・小柄と違って少し特殊なのが「絵絣」。

他の柄が一定のパターンの柄に対して、絵絣は動物の柄がワンポイントで大きく描かれていたりと、一般的な柄とは少し違うのがポイントです。

きもの講師ともこ
絵絣は着尺だけでなく、洋服や小物にも使われているんです!

久留米絣の柄の種類は非常に多いため、それぞれが一点ものと言ってもいいぐらいです。

あらかじめデザインを決めて、先染めで織り上げて行くので、割とどんな柄でも柔軟に対応出来るのが久留米絣の柄の特徴です。

個人的には絵絣で日本海が描かれたものや、月が描かれたものが好きなんですが、個体数が少なすぎてお目にかかれたのは今まで1度ぐらい・・・。

絵絣はもっといろんな工房で生産してくれると嬉しいなぁ・・・と思う今日この頃です。

 

 

【久留米絣の買取】久留米絣は高額で売れる?買取相場や特徴・代表的な柄をご紹介まとめ

いかがでしたか?

久留米絣の買取相場や高く売れる方法をはじめ、久留米絣そのものの特徴や柄について解説してきました。

絣は奥が深く、知ろうとしてもなかなか情報にたどり着けないことがほとんど。

生産数も少ないため、マニアックな情報があれば、随時追記していこうと思います。

-着物・帯の買取相場

Copyright© 着物女子 , 2020 All Rights Reserved.