ブランド着物の買取相場

【牛首紬の買取】買取相場や価格はいくらぐらい?高額で売るポイントや牛首紬の特徴を徹底解説

更新日:

日本三大紬である牛首紬。

根強いファンが多く、紬の中でも人気の高い着物です。

他には大島紬や結城紬などがありますが、本記事では牛首紬の買取相場や高く売る方法、牛首紬の特徴などをご紹介します。

きもの講師ともこ
本記事を読めば、牛首紬を高額で売れるようになりますよ!

牛首紬の買取相場はいくらぐらい?

牛首紬の買取相場はいくらぐらい?

牛首紬の買取相場ですが、概ね3万円〜5万円前後が相場となります。

紬という訪問着などに比べて普段使いとなるカジュアルな服装ですが、格が低い中でもかなり高額で取引きされる着物です。

実は正式に牛首紬として認められるのは、2つの工房で作られた牛首紬のみです。

なので牛首紬には必ず証紙や落款がつきものであり、上記の買取相場はこれらの証紙や落款がなければ二束三文となるケースも・・・。

きもの講師ともこ
生産元が2つしかない分、証紙にや落款によって明確に定義されているんです。

牛首紬を高額で売るなら、あくまで証紙や落款とセットであることが条件となります。

以上が牛首紬の買取相場。

基本的に高額で買取してもらえるものなので、買取額には期待できます。

しかし、ポイントを抑えなければ「思ってたより安かった・・・」となることも。

次は牛首紬を高額で売るポイントについて解説していきます。

 

 

牛首紬を高く売るには?失敗せずに高額で売る3つのポイント

牛首紬を高く売るには?失敗せずに高額で売る3つのポイント

ここでは牛首紬を高額で売るポイントについて解説していきます。

  • 証紙・落款は絶対に出す
  • 『可能な限り』綺麗にしておく
  • 価値を理解している業者に見せる
きもの講師ともこ
失敗なく売るなら3つのポイントを遵守しましょう!

 

証紙・落款は絶対に出す

牛首紬の証紙は絶対に出す

牛首紬の高い買取相場は証紙や落款アリキです。

そのため証紙・落款がなければ価値を証明することができず、買取価格は大きく下がってしまうでしょう。

きもの講師ともこ
価値の高い着物ほど証紙や落款のあるなしで買取額が大きく変わるんです。

牛首紬は2つの工房で作られ、一方は機械織、もう一方の手織りで生産している加藤改石が作る牛首紬は年間300着と非常に希少価値が高い織物です。

そのため加藤改石謹製の証紙があれば、買取額は数十万〜となります。

 

『可能な限り』綺麗にしておく

売りに出す前には可能な限り牛首紬を綺麗にしておきましょう。

しかし良く見せようとして高額の着物クリーニングに出すのは危険。

料金をペイできるほど買取額が上がることはほとんどないので、自宅で出来る範囲で綺麗にしておくのがいいですね。

 

価値を理解している業者に見せる

どれだけ価値がある着物でも、買い手が価値を理解していなければ高額で売ることはできません。

そのため、牛首紬を高く売るなら、価値を理解している着物専門の買取業者に売るのが正解です。

きもの講師ともこ
着物専門の業者は牛首紬となれば喉から手が出るほど欲しがりますが、裏を返すと価値を十分理解しているからです。

さらに大手の業者ならば、着物の相場に精通しており、あなたの牛首紬も適正価格で買取してくれますよ!

中には買取額の満足度が業界No.1の業者もあるので、そういうところに売るのがベストですね。

 

牛首紬を高額で売却!
大手着物の買取業者ランキング

 

1位:バイセル

バイセルのココがイイ!
  • 月間2万件以上の買取りをしているので、相場に精通している。
  • 運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは上場企業
  • 利用者アンケートによる買取額の満足度が業界No.1
  • 他店より1円でも安ければ全品返却を掲げるほど、買取価格に対して自信がある。

買取価格・対応共に評判が良く、牛首紬の買取を頼むならバイセルがいちばんでしょう。

運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは2019年12月に上場しており、企業として社会的信頼があります。

上場していると、押し買いや買い叩きなどの悪質なことはできませんし、安心して牛首紬を売却できますよ。

また、女性査定員を指名することもできるので、女性の方でも安心して着物を売れるのがポイント。

高価格・安心という2つの大きなツボを押さえているのがバイセルなのです。

 

2位:買取プレミアム

買取プレミアムのココがイイ!
  • 運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは上場企業
  • 事前に無料の電話相談で不安な点を相談できる。
  • 証紙や証明がなくても買取りOK。
  • 歴戦の査定員がいるので、適正な価格で牛首紬を買取りしてくれる。

買取プレミアムはバイセルと運営元が同じ会社です。

そのためこちらの運営元も上場企業である株式会社バイセルテクノロジーズですね。

なので内容自体はそれほど変わりなく、高額買取が期待できますし、出張買取は即日現金で支払われます。

さらに証紙や証明書がなかったり、古い牛首紬でも問題なく買取してくれるので、難アリの牛首紬を売る時は買取プレミアムもしくはバイセルがベストですよ。

 

3位:ザ・ゴールド

ザ・ゴールドのココがイイ!
  • シミがあったり、柄が古くても買取りしてくれる。
  • 最新の相場を常に把握しているので、適正価格で買取りが可能。
  • プライバシーマーク取得により、個人情報の取り扱いも安心。

ザ・ゴールドは3つの買取方法どれにも対応はしていますが、基本的には出張買取メインの買取店ですね。

着物の最新相場を把握しているため、下手に買い叩くことなく、適正価格で売却することができるでしょう。

またプライバシーマークを取得していることから、個人情報の取り扱いに関してもしっかりしているので、安心して着物を売れますね。

 

牛首紬の買取で一番のおすすめはバイセル

当サイトいちばんのオススメはバイセルです。

買取価格は業界最高値が期待できますし、他社より1円でも買取価格が低ければ全て返品を謳っているのが大きいですね。

また対応自体も評判がよく、顧客満足度・買取額の満足度ともに業界No.1!

安心して高く牛首紬を売るならバイセルに依頼するのがベストですよ!

 

 

牛首紬とは?特徴や歴史・工房など徹底解説

牛首紬とは?特徴や歴史・工房など徹底解説

牛首紬は石川県の白石市で作られている絹製の織物。

複数の蚕が一つの繭を作り出す『玉繭』から糸を作り、手織り・機械織りの両方で生産されています。

この玉繭から紡いだ玉糸を使うことで、生地が頑丈に作られるので、別名『釘抜紬』とも呼ばれており、1988年に伝統工芸品に指定されました。

現在では2つの工房で生産されており、一方は手織り、もう一方は手織りと機械織りで作られています。

きもの講師ともこ
2拠点のみで生産されているので、生産数は少なくその分希少価値の高い着物なんです。

 

牛首紬の証紙

牛首紬の証紙には以下の3つがセットになっています。

  • 国の伝統工芸品指定の証
  • 石川県牛首紬生産振興協同組合の検査合格之証・保証書
  • 製造元(工房)の証紙

これ以外にも製造元の落款が着物に押印されていたりと、品質管理やブランド管理を厳密に行なっているため、証紙一つとってもラベルが多いのが特徴です。

また加藤機業場と白山工房で保証書などのデザインが違うのもポイント。

ひとつひとつの着物の価値を担保するために、厳密に管理されています。

 

牛首紬の歴史

牛首紬の歴史は2020年の今から千年近く前まで遡ります。

平時の乱によって京都を追われた源氏が白山にある牛首村に流れ着き、その際に一緒にいた源氏の妻が村の住人に機織りを伝えたことで生産が始まりました。

そこから江戸時代になり、日本各地の交易が盛んになった際に牛首紬も全国に名を轟かせ、生産数も上がります。

明治以降には養蚕の奨励などで生産数が過去最高となりますが、昭和の戦後以降は洋服需要の高まりからか生産数は低下。

一部の職人によって今も生産されており、生産量は全盛期に遠く及びませんが、逆に希少価値が高まり市場価格は高騰しています。

 

牛首紬の生産工程

牛首紬の生産は幾重にも工程を踏むため、1着の生産にかなりの時間を要します。

  1. まゆより
  2. 煮繭(しゃけん)
  3. 座繰製糸
  4. くだ巻き
  5. 八丁撚糸(ねんし)
  6. 精錬(せいれん)
  7. 糸叩き(糸はたき)
  8. 染色(先染め)
  9. 糊付け
  10. 糸繰り
  11. 整経(せいけい)
  12. 機掛け
  13. くだ巻き
  14. 製織

上記がざっくりとした手織りの工程ですが、それでも14工程と、途方も無い手間や時間がかかります。

しかしいくつもの工程を経ることで強く柔軟な生地となるので、人件費諸々を考えると、新品の数十万円という価格は妥当とも言えますね。

 

白山紬と牛首紬の違いについて

白山紬と牛首紬はルーツが同じため混同されがちですが、明確に違いがあります。

白山紬はスラブヤーンという人口で糸の途中のところどころに太さをつけた糸を使っています。

対して牛首紬は玉糸を使って織られているので、そもそも着物を構成する糸の時点で違うのです。

実際さわってみると見た目もさることながら風合いも全く違うので、百聞は一見にしかずですが、それぞれ全く違う織物なのです。

 

 

牛首紬の買取でよくある質問と回答

牛首紬の買取でよくある質問と回答

ここでは牛首紬の買取でよくある質問と回答をご紹介します。

 

機械織の白山工房の牛首紬は安くなる?

結論から言うと、手織りに比べると機械織りの牛首紬は安値での買取りとなります。

しかしあくまで手織りに比べて安くなるだけで、そもそも牛首紬自体の買取相場が他の紬に比べて高いので、高額買取も十分可能です。

 

牛首紬の証紙がどこにもない場合はどうすればいい?

証紙がないと買取価格は大きく下がることが多いです。

しかし、証紙がない場合でも牛首紬の場合は、着物自体に落款が押されていることもあるので、落款をもって牛首紬と定義されるケースもあります。

あとは珍しい柄や個体の場合は、証紙がなくてもそれほど価値が下がることはありません。

 

牛首紬を高く売るならどうすればいい?

牛首紬を高額で売るなら3つのポイントを押さえておきましょう。

  • 証紙・落款は絶対に出す
  • 『可能な限り』綺麗にしておく
  • 価値を理解している業者に見せる

詳しい内容は「牛首紬を高く売るには?失敗せずに高額で売る3つのポイント」で解説しています。

 

【牛首紬の買取】買取相場や価格はいくらぐらい?高額で売るポイントや牛首紬の特徴を徹底解説まとめ

いかがでしたか?

牛首紬は数ある紬の中でも高額で買取されている着物。

生産拠点が2つの工房しかなく生産数が少ない反面、ファンが多い着物のなので、必然的に市場価値も高くなります。

そんな牛首紬を高く売るなら、価値を理解している相場に精通した大手の着物買取業者に売るのがベスト。

特にバイセルは顧客満足度も高く、あなたの牛首紬も納得行く価格で売れますよ!

-ブランド着物の買取相場

Copyright© 着物女子 , 2020 All Rights Reserved.