【超高額】袋帯の買取が軒並み高いのは理由があった?買取相場や価格をご紹介

帯の売り方

【超高額!?】袋帯の買取が軒並み高いのは理由があった?買取相場や価格をご紹介

更新日:

帯にもいくつか種類がありますが、その中でも柄や色から最も用途が広い袋帯。

格式高い柄からカジュアルな柄まで、デザインも多種多様な帯ですが、買取に出すといくらぐらいになるのでしょうか?

本記事では、袋帯の買取相場や価格帯、高額買取となりやすい袋帯や、袋帯を高く売る方法についてご紹介します。

帯の買取まとめへの画像リンク>>帯の買取まとめページはこちら

袋帯とは?買取相場や価格帯はどのぐらい?

袋帯とは?買取相場や価格帯はどのぐらい?

袋帯は昭和初期に丸帯に変わって流行した帯で、それまでスタンダードだった丸帯とくらべて非常に軽く、巻いていても疲れにくいのが特徴です。

柄は全通柄と呼ばれる表面全てに柄が入っているものや、六通柄という表面の面積の6割に柄入っているもの、それと太鼓柄というお太鼓結びに合うように柄をあしらえたものもあります。

袋帯の柄イメージ

上記のようなイメージですね。

また、帯自体は広げると生地部分が輪っかになっていおり(折りたたんで両端を縫い合わせたイメージ)、袋状になっていることから袋帯と呼ばれます。

きもの講師ともこ
礼装や準礼装に使われるような、格式高い錦や金蘭からカジュアルな柄まで、用途の広い帯だけに柄も様々です。

 

袋帯の買取相場や価格帯

用途の広い袋帯ですが、買取相場の価格帯は以下になります。

買取業者名公開している買取実績
バイセル〜140,000円
福ちゃん180,000円

上記はバイセルと福ちゃんで公開されている、袋帯の買取実績です。

どちらも10万円超えとかなり高額で買取りされており、査定額には期待できますね。

きもの講師ともこ
もちろん状態にもよりますが、袋帯は用途の広さから需要が高く、比較的高額で売れる帯なんです。

そもそも袋帯自体、買取価格が高いことから、査定にも期待できますね。

さらに袋帯の中でも、より高額で買取となりやすいものがあるので、次は高額買取になりやすい袋帯について解説していきます。

 

 

伝統工芸や作家ものなど高額買取になりやすい袋帯

伝統工芸や作家ものなど高額買取になりやすい袋帯

袋帯自体、そもそもの買取価格のベースが高い商品ですが、その中でも高額買取になりやすい種類があります。

  • 伝統工芸や有名産地のもの
  • 作家もの
  • 人気・有名メーカーのもの

上記3つのどれかに当てはまる場合は、ベースの買取価格も相まって、高額買取が期待できるでしょう。

きもの講師ともこ
上記3つの袋帯が具体的にどういったものか解説していきますね。

 

伝統工芸や有名産地の袋帯

名称買取相場
京都:西陣織の袋帯〜100,000円
福岡:博多織の袋帯〜180,000円
群馬:桐生織の袋帯〜50,000円
沖縄:芭蕉布の袋帯〜350,000円

まずは代表的な3つの産地で作られる、京都の西陣・福岡の博多・群馬の桐生の袋帯ですが、高くて十数万円から安くても2万円ほどで買取となるケースが多いです。

それから、伝統工芸の袋帯の中でも特に高額となる芭蕉布の帯ですが、こちらは高額なものなら35万円もします。

きもの講師ともこ
これら帯の買取相場は、あくまで製造元の証紙があることが条件です。

nishijinori-syoushi引用元:http://nishijin.or.jp/

いくら高い帯といっても、上記のような『証紙』と呼ばれる、その帯の製造元を証明するものがなければ高額買取とはならないので、注意が必要です。

証紙があれば、査定時に必ず出しましょう。

 

作家ものの袋帯の買取相場

作家平均買取相場
由水十久15,000円
北村武資150,000円
久保田一竹130,000円
龍村平蔵60,000円
高台秋草桐文20,000円
山口弘躬30,000円
足利忠義20,000円
羽田登喜男50,000円

※上記は一般的な平均相場であり、状態などによってはより高額買取となるケースもあります。

作家ものとなると、平均買取相場はどれも数万〜数十万になります。

特に人間国宝である北村武資の袋帯で、状態の良いものであれば20万円ついた過去もあり、作家ものは帯というよりも美術品に近い感覚ですね。

きもの講師ともこ
人間国宝作などの作家ものは美術品としての価値で見られるので、着用ニーズがあるかどうかで価値が変わる通常の帯とは価値の考え方が違ってきます。

 

メーカー作の袋帯の買取相場

メーカー名買取相場
川島織物3,000〜90,000円
山口美術織物8,000〜95,000円
河合美術織物5,000〜30,000円
龍村美術織物7,000〜170,000円
鈴乃屋1,000〜20,000円
きもののやまと2,000〜70,000円

上記が各有名メーカーのオークション価格サイトで調べた袋帯の買取相場です。

買取額に開きがあるのは、どうしても状態によって価値が変わってくるからですね。

最も開きのある龍村美術織物ですが、最高額の17万円は1件のみだったので、いくつかある中のごく限られた袋帯のみが高額となります。

以上が高額買取になりやすい袋帯の種類と買取相場です。

あなたの袋帯が上記のどれかに当てはまるなら、買取額はかなり期待できるでしょう。

きもの講師ともこ
作家ものや伝統工芸の袋帯は基本は高く売れるんですけど、何も考えずに売りに出すと買取額が落ちちゃうんです

そうなんです。

これらの価値ある袋帯でも、何も考えずに売りに出すと安くなることがほとんど。

次は袋帯を高く売るための方法について解説しますね。

 

袋帯を高く売る5つのポイント

袋帯を高く売る5つのポイント

ベースの価格が高く、作家ものや人気メーカーものはさらに買取額が高くなるのが袋帯。

しかし、売るためのポイントを押さえて置かなければ、反対に買取額が下がる・・・なんてことも。

ここでは袋帯を高く売るための5つのポイントをご紹介しますね。

  1. クリーニングには出さない
  2. なるべく多く査定に出す
  3. 証紙を一緒に出す
  4. 帯留めとセットで出す
  5. 袋帯の価値を理解している業者に見せる
きもの講師ともこ
上記ポイント、それぞれの理由について解説していきますね。

 

1.クリーニングには出さない

状態を少しでも良く見せようとして、査定前にクリーニングに出すのはNGです。

実際クリーニングをしても買取額がその分上がる・・・ということはありません。

逆に、下手にクリーニングに出して生地が劣化しようものなら、査定額が大幅に下がるなんてことも・・・。

査定時にはそのまま見せるのが正解です。

 

2.なるべく多くの帯や着物を査定に出す

買取側も時間をかけて人件費がかかった上であなたの帯を査定しています。

買取というのはいわば『仕入れ』になるので、一度に多くの仕入れができた方が効率良いですよね。

なので帯1枚よりも、帯10枚やプラスで着物も何着かあった方が買取額は高くなりやすいです。

 

3.証紙を一緒に出す

これは先ほどの『高額買取になりやすい袋帯』の項でも解説しましたが、証紙のあるとなしでは買取額がケタひとつ変わります。

その帯の製造元に間違いはないか?、本当に有名作家が作ったものかを証明するのが証紙です。

証紙のあるとなしでは、価値が全く変わってくるので、必ず一緒に査定に出しましょう。

 

4.帯留めとセットで出す

あまり高額な帯では見られませんが、帯留めや三分紐とセットで売られている袋帯もあります。

もともとセットで購入した場合は、帯留めや三分紐も合わせて査定に出すと、そのぶんの査定額が上乗せされるので出さない手はないですね。

 

5.袋帯の価値を理解している業者に見せる

そして何よりも一番大切なのが、あなたの袋帯の価値を理解している業者に見せることです。

どれだけ価値があり、その価値を証明する証紙があったとしても、業者側が価値を理解していなければ二束三文です。

1~4のポイントも大切ではありますが、帯の価値を相手が理解しているかで査定額は変わるので、必ず価値を理解している業者に帯を見せましょう。

以上が袋帯を高く売る5つのポイント。

これらのポイントをしっかり踏襲すれば、価値ある袋帯を適正価格ないしはそれ以上の価格で売却できますよ。

きもの講師ともこ
大切な袋帯を適正価格で売るためにも、価値を理解している相手に売るのがいいですね!では次は私がおすすめする買取業者をご紹介しますね!

 

 袋帯を適正価格以上で売却!
着物・帯の買取業者ランキング

 

1位:バイセル

バイセルのココがイイ!
  • 卓越した査定力を持つ査定員が見るので、買取価格に期待できる。
  • 運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは上場企業
  • 女性査定員を指名できるので、女性でも安心して着物を売れる。
  • 他店より1円でも安ければ全品返却を掲げるほど、買取価格に対して自信がある。

買取価格・対応共に評判が良く、袋帯の買取を頼むならバイセルがいちばんでしょう。

運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは2019年12月に上場しており、企業として社会的信頼があります。

上場していると、先に述べたトラブル事例にあるような悪質なことはできませんし、安心して袋帯を売却できますよ。

また、女性査定員を指名することもできるので、女性の方でも安心して帯を売れるのがポイント。

高価格・安心という2つの大きなツボを押さえているのがバイセルなのです。

 

2位:買取プレミアム

買取プレミアムのココがイイ!
  • 運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは上場企業
  • 事前に無料の電話相談で不安な点を相談できる。
  • 証紙や証明がなくても買取りOK。
  • 歴戦の査定員がいるので、適正な価格で着物を買取りしてくれる。

買取プレミアムはバイセルと運営元が同じ会社です。

そのためこちらの運営元も上場企業である株式会社バイセルテクノロジーズですね。

なので内容自体はそれほど変わりなく、高額買取が期待できますし、出張買取は即日現金で支払われます。

さらに証紙や証明書がなかったり、古い着物でも問題なく買取してくれるので、難アリの着物を売る時は買取プレミアムもしくはバイセルがベストですよ。

 

3位:ザ・ゴールド

ザ・ゴールドのココがイイ!
  • シミがあったり、柄が古くても買取りしてくれる。
  • 最新の相場を常に把握しているので、適正価格で買取りが可能。
  • プライバシーマーク取得により、個人情報の取り扱いも安心。

ザ・ゴールドは3つの買取方法どれにも対応はしていますが、基本的には出張買取メインの買取店ですね。

着物の最新相場を把握しているため、下手に買い叩くことなく、適正価格で売却することができるでしょう。

またプライバシーマークを取得していることから、個人情報の取り扱いに関してもしっかりしているので、安心して着物を売れますね。

 

 

【超高額!?】袋帯の買取が軒並み高いのは理由があった?買取相場や価格をご紹介まとめ

以上が袋帯の買取相場や高く売る方法です。

ベースの買取額が高く、有名作家ものや伝統工芸品など、ブランドがつくとさらに高額となる袋帯。

そのぶんちゃんと価値を理解してくれる業者でなければ、大きく損をすることになります。

大切な帯だからこそ、納得行く金額で売りたいですよね。

しかし本記事でご紹介したポイントを理解して行動すれば、あなたの袋帯も適正価格以上で売却できるので、ぜひ参考にしてみてください。

-帯の売り方

Copyright© 着物女子 , 2020 All Rights Reserved.